稲フィル☆つうしんVol.18 
                              平成28年1月17日発行


琵琶→ヴァイオリン~西洋文化への転身  

 今から20年程前、中国の大連に住んでいたとき、琵琶を弾いていました。知人から先生を紹

介され、日本ではできない経験の1つとして多少の興味もあったので始めました。習っていた

のは日本へ帰国するまでの1年くらいです。演奏会等はありませんでしたが、週に1度、先生

が自宅にいらして、あちらの文化に触れていた…という感じです。
 
 
ちなみに当時習っていた奏法は、日本の琵琶法師の絵図のようにバチをもって弾くのではな

く、5本指に爪をつけて弾くスタイルです。(数年前に日本でも話題になった「女子十二楽坊」

で検索してみてください)


  日本へ戻ってからは、さすがに琵琶を続けることが難しく、今度は西洋の文化へ転身するこ

とにしました。ヴァイオリンを選んだのは、弓を持つ楽器が未経験だったことと、自分の体型

に合っていると思ったからです。始めてからは、クライスラーの「美しきロスマリン」が弾け

るようになることを目標に掲げて練習に励みました。


  稲フィルへ入団したきっかけは、団員と共通の知人に紹介していただいたことです。ヴァイ

オリンをやっているのなら是非にとお誘いいただきました。入団して最初の演奏会ではシュー

マンの交響曲第3番「ライン」を演奏し、ものすごく緊張して手がふるえていたことを覚えてい

ます。


  また、これまでの演奏会で特に印象に残っているのは、「アルルの女」のメヌエットです。

ハープとフルートの演奏を間近で聞いたことがなかったので、その美しい音色に非常に感動し

ました。


  そして、稲フィルに入団してから数年がたった今年度は、もう1人の団員と一緒にヴァイオリ

ンのパートリーダーを務めることになりました。初めてこの役職についてみて、これまで大所

帯を取りまとめてこられた歴代のパートリーダーにリスペクトを覚えました。ご迷惑をおかけ

してしまったこともあったかと思いますが、今日まで支えて助けてくださったヴァイオリンの

皆様に感謝しています。


  今回の演奏会の曲は、難しいので不安もぬぐえませんが、新年初ということで、盛り上げて

いければと思います。


                                                 VnYS